クレジットカード現金化の方が安全性やトラブル回避という面でデメリットが少ないです。

クレジットカード現金化とヤミ金の違い

 

  • クレジットカード現金化はカード会社の規約の盲点をついたグレーなサービス
  • ヤミ金は完全に違法のブラックなサービスです。

 

安全性やトラブル回避という面ではクレジットカード現金化の方がデメリットが少ないです。

 

あくまでも優良業者の利用が前提になりますが、クレジットカード現金化は健全な業者が運営していて、事前にあった説明から話が変わることはありません。

 

またカード決済後の弁済はカード会社と行うので、現金振込さえしてもらえれば、ほぼ現金化業者との取引は完結になります。

ヤミ金の場合はお金の支払いまではスムーズですが、返済を巡ってトラブルに発展するケースがあるので注意しましょう。

 

 

返済できなくなってしまった場合

借りたお金は、利息を含めてしっかり返すのがルールですが、消費者金融の審査に通らない人は、他の方法で資金調達できても結局資金をショートさせてしまうケースもよくあります。

 

クレジットカード現金化とヤミ金の場合、返済できなくなってしまった場合の対応に大きな差がでます。

 

クレジットカード現金化は弁済先がカード会社になります。

 

クレジットカードは基本的に保証人を立てていませんし担保もありません。
つまりカード会社は返済できない利用者に対して催促するしか方法がありません。

 

手段としては裁判を起こして弁済や資産の差し止めをすることもできますが、現金化を利用する方の多くは差し押さえできる財産そのものがないケースがほとんどです。

 

カード会社も事情を理解しているので、わざわざ費用のかかる裁判を起こすことはありません。最終的にはカード会社が損失を被ってくれます。

 

代償としてはカードは強制解約になり信用情報機関に履歴が残るので最低でも5年間は新規借入やクレジットカードを作ることができなくなります。

 

ヤミ金の場合は、返済できなくなるとヤミ金業者が直接取り立てをするか債権をほかの非正規の回収業者に譲渡される流れになります。

 

一昔前の脅迫のような取り立てはしないですが、ありとあらゆる手を使って回収しようとしてきます。

 

たとえば親や親戚への取り立て、職場への連絡、車やスマホの差し押さえなどがあります。

 

自己破産や債務整理をすれば済む話ではなく、法が通用しない相手を納得させない限り、取り立ては続き尋常ではないペースで借入残高が増えていきます。

 

 

 

ヤミ金系がクレジットカード現金化サービスを行っていることも

ヤミ金と比較すればクレジットカード現金化は安全に感じるかもしれないですがあくまでも優良業者を利用した場合の話です。

 

グレーな業界だけあって悪質業者も多数紛れ込んでいます。

 

顧客を騙す闇金業者

手数料が高い、カード決済だけして現金が振り込まれないといったトラブルであれば、まだマシな方で、最悪は知らず知らずにヤミ金から借入をする方向で話が進んでしまうこともあります

 

キャッシング審査が通らないという利用者の共通点があるため、ヤミ金業者がクレジットカード現金化の看板を出して集客して、巧みな話術でヤミ金による貸付に誘導されるケースもあるので注意しましょう。