根本的にグレーな業界なので、店頭表示換金率と実質換金率に大きな差があります。

クレジットカード現金化のリスク

 

ヤミ金と比較するとデメリットやリスクが薄れますが、クレジットカード現金化もリスクがたくさんあるので利用は控えましょう

 

仮に善良な業者を選んで、正しく手数料を払って使っているだけでも、カード会社にバレると強制解約や一括弁済などのペナルティを受けるケースもあります

 

 

カード規約違反

ショッピング枠を現金化する行為は法律的な違法性は少ないですが、カード会社の規約違反に該当します。

 

もし現金化目的の利用が判明すると、所有しているクレジットカードが強制解約になり、ショッピング枠、キャッシング枠の一括弁済を求められます

 

さらに信用情報機関に登録されるため、新しくクレジットカードを作れなくなってしまいます

 

カードは各種支払いで利用している方も多く、手間が少なくポイントが貯まるメリットもあります。
カードを所有できないと様々な弊害が発生し、周囲からの信用力を失うデメリットもあります。

 

カード規約違反を回避するには、運営実績が長い信用できる専門業者を利用することです。

 

独自にチケットショップや質屋でカード決済、現金買取を行うと規約違反の取り締まりを受けるリスクが高いので注意しましょう。

 

 

 

実質換金率が低い

根本的にグレーな業界で店頭表示換金率と実質換金率に大きな差があるのが当たり前です。
90%以上の換金率を明記していても、実際には80%以下になるケースも多数あります。

 

焦って細かい条件を気にせずに利用してしまうと、後から高い出費だったことに気づいて後悔する方も多いです。

 

資金調達から完済までの期間に対して支払う手数料が通常の借入利息より大幅に高いことも問題視されています。

 

 

 

家族にバレる

来店不要業者の場合、必ず決済した商品が自宅に郵送で届く仕組みになっています。

 

以前は商品の受け取り不要サービスもありましたが、ショッピングした証拠を残さないことを理由に現金化業者が逮捕された事例が発生したため、まともな現金化業者のほとんどは商品の発送を義務付けています

 

現金化や資金調達を連想させない商品や梱包などの配慮はあるものの、自宅に届いた荷物を家族が確認すると怪しまれるものです。

 

また、明細の書面送付サービスを利用している場合や、オンラインのマイページのパスワードを家族と共有している場合も決済履歴から現金化の利用がバレてしまうことがあります。

 

 

 

詐欺業者も混ざっている

根本がグレーなサービスのため、詐欺被害にあっても利用者の立場が弱いです。
悲惨なケースではカード決済だけして現金が振り込まれずに業者が逃げてしまうこともあります。

 

被害届を出しても、カード決済して商品を受け取った以上、正規の取引は完結しているため被害を訴えることは難しいです。

 

詐欺業者は現金還元ではなく、「独自のポイント還元だ。」と言い張ったり、「キャッシュバックキャンペーンは終了した。」「買取できない商品だった。」などと言い訳をしてきます。

 

また、現金化サービスは正規に行ってくれても、個人情報をほかの詐欺業者に売るなど悪用されるケースもあります

 

グレーな業種でネームバリューがある一流企業が参入していない業界のため、詐欺業者と優良業者の見分けが難しい問題もあります。