ヤミ金業者は専門の弁護士が間に入った時点ですぐに手を引きます。

ヤミ金被害に遭ってしまったら

 

お金を借りた負い目がある以上、利息を含めて完済しないといけない責任感があるものですが、貸金業の届出をしていないヤミ金業者の被害にあったら、すぐに弁護士に相談してください。

 

ヤミ金自体が違法行為のため、利息を含めて元本も法律的には返済義務がありません。

 

弁護士に相談すれば、返済義務がなくなり、違法な取立て行為もなくなります。

 

ただしデメリットとして弁護士報酬を支払う必要があります。

 

 

法テラスやヤミ金専門の法律事務所に相談する

ヤミ金を利用した時点で、手元に現金がないものですが、法テラスやヤミ金専門の法律相談所は初期費用無料で対応してもらえるケースがあります。

 

弁護士報酬はヤミ金業者から取り返す費用から賄うことができて、それでも対応できない場合は正規の金利で貸付をしてもらえるなど、負担の少ない方法で対処できます。

 

ただし返済を全くしていないなどヤミ金業者から取り戻せる費用が一切ないと、報酬の前払いをしないと対応してくれません。

 

お金がないから誰にも相談をせずに、違法な取り立てを受け続ける方が多いですが、もっと早く専門機関に相談しておけばよかったと後悔される方が多数います。

 

ヤミ金に強い所を選ぶ

 

ヤミ金を相手にした相談は、同様の案件を多数扱っているところを選びましょう。

 

ヤミ金業者を相手にした交渉にはコツが必要です。ただ無届業者を理由に返済しない旨を通知してもらうだけではなく、違法な取り立て行為に対して法的処置を取る警告や、すでに払った返済費用を取り返す交渉をしてもらわないといけません。

 

相談先の選択肢として弁護士より報酬の安い司法書士もありますが、確実に問題を解決するなら多少報酬が高くてもヤミ金に強い弁護士が在籍する専門の法律事務所を利用するメリットが大きいです。

 

 

 

本当に取り立てはなくなるのか?

弁護士に相談する場合にもっとも気になるのが、嫌がらせなどの違法の取り立て行為がなくならないか?という点です。

 

ヤミ金業者は、弁護士に相談したら家族が交通事故にあうかもしれないなどと脅してくるケースもありますがハッタリです。

 

暴力団に対する警察の取り締まりは強化されていて、ちょっとしたことでもすぐに逮捕できます。

 

ヤミ金業者も逮捕されるリスクを理解しているので専門の弁護士が間に入った時点ですぐに手を引くものです。

 

専門の法律相談所では、違法な取り立て行為が続いた場合などのアフターフォローもしっかり行ってくれます。

 

 

 

警察に相談しても何もしてくれない

あからさまな違法な取り立て行為を現行犯で取り締まりできるのであれば警察への通報は効果的ですが、ただのヤミ金トラブルだけでは警察は何もしてくれません。

 

警察は民事介入しないのでお金だけのトラブルは何もできないのが現状です。

 

ヤミ金から借りたお金を返済したくない場合や、過去の返済分を取り返したいのであれば警察ではなく弁護士に相談してください。

 

最近のヤミ金業者は、家の玄関を叩いたり大きな声を出すなど警察を呼ばれるような取り立てはほとんどしてきません。