闇金の検挙件数が増えているのは闇金問題に強い弁護士の功績によるものが多いです。

闇金が逮捕されない理由とは

闇金が逮捕されない理由について

一部の闇金はホームページや迷惑メールなどで不特定多数の人を対象に堂々と集客を行っています。

 

電話や郵送、状況によっては直接足を運んで取り立てや迷惑行為をすることもありますが、逮捕に至るケースは少なく、長年悪質な運営を続けている闇金業者は多数あります。
実際は警察が取り締まりを強化して闇金の検挙件数は年々増加傾向になっていますが、警察に相談してもほとんどのケースで動いてくれません。

 

拠点やスタッフ、代表者の身元など明確な情報があれば対応してくれますが、闇金は逮捕されずに営業するノウハウを持っているので、決定的証拠をなかなか掴めません。

 

 

民事の話は難しい

 

闇金に限ったことではないですが、民事によるお金の話は警察がなかなか介入してくれません。
違法な貸付や迷惑行為は違法性がありますが、現行犯で捕まえたり相手の身元や潜伏先を把握しているなど、明確な証拠がありスムーズに捜査できる環境がないと難しいです。

 

闇金のほかにも、情報商材、個人間の金銭トラブル、詐欺などお金に対する被害相談は多数寄せられています。

 

警察は全ての相談や被害届に対して全力で捜査するだけのキャパを持っていません。
結果的に殺人、傷害など刑事性の要素が強い事件を中心に行い、被害内容が民事(お金)のみのトラブルは動いてもらえないことが多いです。

 

 

検挙件数増加は弁護士の功績が大きい

 

闇金の検挙件数が増えているのは、闇金問題に強い弁護士が増えて、ネット集客で全国対応するケースが増加しているからです。
闇金問題に強い弁護士は、和解交渉に応じない闇金に対して刑事責任を追及したり、口座の凍結などで応戦してくれます。
弁護士は闇金に舐められないための実績が重要なので、和解交渉に応じず取り立てや迷惑行為を続ける闇金に対しては徹底的に追い込んで、警察が動けるだけの証拠や身元情報を入手しているのです。
暴対法への取り締まり強化で警察が活発に動いている部分もありますが、全体的には警察よりも弁護士の方が闇金逮捕に貢献しています。

 

 

闇金に強い弁護士に相談しても逮捕してくれない

闇金相談を拒否する弁護士

闇金に強い弁護士は、本気を出せば闇金を逮捕できるノウハウや情報を持っています。
しかし、弁護士を恐れてすぐに和解に応じたり依頼者の債権から手を引く闇金は深追いをしてくれません。
弁護士から見れば、闇金には営業を続けてもらって、被害者から相談を受けて電話一本の簡単解決をした方が効率が良いと考えています。

 

また、かたっぱしから逮捕させる方針で進めると、闇金は和解に応じても手を緩めてくれないと判断して、徹底的に債務者を追い込もうとしてきます。
弁護士も依頼者の借金をチャラにすれば、それ以上は何もしない約束のもとでスムーズでトラブルのない和解を実現し、弁護士も闇金に対して筋を通しているのです。
依頼した後に迷惑行為や取り立ての連絡がなくなったら、弁護士に「刑事責任を追及して逮捕してください」とお願いしても応じてもらえません。