クレジットカード現金化は老舗業者を使えば大失敗するリスクが少ないです。

クレジットカード現金化業者の選び方

クレジットカード現金化業者はどう選ぶ?

クレジットカード現金化は2016年ごろから流行が始まり、Webサイトと電話のみで手軽に運営できる利便性から業者の乱立状態になっています。
悪徳商法をする新参業者も多いので、優良業者をしっかり見極める必要があります。
クレジットカード現金化業者の選び方は以下のポイントがあります。

 

・運営実績を調べる
・運営者情報を調べる
・検証サイトや口コミ情報サイトの内容を全て信じない
・Web上に明記している換金率はアテにしない

 

 

老舗業者は無難

 

悪徳業者の多くは悪評が広まったらすぐにサイトを閉鎖しています。
なかにはカード決済だけして現金を払わない詐欺を行っているケースもあります。
長年運営しているのは大きなクレームを受けていない証拠なので、老舗業者を使えば大失敗するリスクが少ないです。

 

悪質業者は10年以上の実績など嘘の情報を紹介していることもあります。
公式情報を見るだけではなく、複数の口コミ投稿サイトをチェックしたり、サイトのドメイン取得日をチェックしてみる方法があります。
ドメインを見る時は、中古で取得したオールドドメインを活用していることもあるので、サービス名とドメイン名が連動しているところをピックアップしましょう。

 

外部サイトは、一部で情報ねつ造に加担したり、大手悪徳現金化業者のグループが自社で直接運営していることがあります。
特定のサイトだけを信じるのではなく、複数のサイトから情報収取しましょう。
悪い内容をよく書いているだけではなく、ライバル業者のことを意図的に悪く書いていることもあります。
外部サイトは良い情報も悪い情報も全て信じてはいけません。
悪いことを書いているサイトでも運営実績や情報公開した日時は嘘をついていません。

 

 

 

運営者情報をチェック

運営者情報をチェックするイメージ

悪質業者は、都合が悪くなるとすぐに逃げられる環境を用意しています。
ひどい業者は住所すら明記せずに運営していることがあります。

 

理想は法人名、住所の番地までを全て明記しているところです。
しかし、法律違反にならないとはいえ、ルール違反に近いサービスを提供している業界です。
運営元が法人でも、他の事業の評判が悪くなることを嫌って、屋号や商標しか公開していないことがあります。
法人名が未公開であっても、一概に悪質業者とは言い切れません。

 

信頼できる業者はしっかりしたオフィスで営業しています。
ネットから番地情報や地図を見て、ちゃんとしたオフィスがありそうな場所なのか確認しましょう。
一等地の住所はレンタルオフィスやバーチャルオフィスを使っている可能性があります。
住所を調べて腰を据えた運営をしている業者なのか見極めを行いましょう。

 

 

 

店頭表示の換金率はアテにならない

 

残念ながら優良業者であっても店頭表示の換金率と実際に利用した時の決済額と振込額で比較した実質換金率は違います。
業界全体が高換金率を明記するのが当たり前になっているので、実質換金率を明記すると集客できない状況になっています。

 

店頭表示の換金率より条件が悪くなる仕組みは以下の通りです。

 

・決済額は税込価格、現金化の計算は税抜き価格を基準にする
・振込手数料、事務手数料、送料など理由を付けて各種手数料を取る

 

最高換金率が95%以上を明記しているところは、最低でも税抜き価格を基準に換金率を掛けています。
優良業者は税抜き計算のみで対応していて、悪徳業者はそこから理由を付けて手数料を差し引いてきます。
公式サイトの換金率やスペックだけ見て選ぶと失敗します。

 

運営実績が長くて信頼できる業者は悪評の出るような手数料を取っていません。
実績や運営者情報で信頼性を確認した中で、利用金額に応じて換金率の良い業者を選びましょう。

 

クレジットカード現金化業者について詳しくはこちら