決済したとたんに態度を変えて、振込できないと提示する詐欺業者も存在します。

クレジットカード現金化を利用した詐欺

 

クレジットカードで現金化する

クレジットカード現金化は来店不要で手軽に利用できるサービスが増えていますが、法人名や所在地を明記しないことも当たり前で、グレーなサービスだけあって詐欺業者も参入しやすい環境が整っています。

 

詐欺事例も多く、代表的な被害内容についてまとめました。

 

 

現金を振り込んでもらえない

利用するには先にクレジットカードの決済をする必要があります。

 

その後、銀行振込か店頭取引で現金を支払う流れになりますが、決済したとたんに態度を変えて振込できないと提示する詐欺業者もいます

 

ショッピング枠を現金化する仕組みは、商品を販売しカード決済させて、購入した商品に対して現金キャッシュバックか買取をするものですが、何かしらの理由をつけて買取拒否やキャッシュバックをできないと提示してきます。

 

販売する商品の中でも定番なのが無料でも手に入るようなPCソフトが収録されたCD-ROM実際の価値は1,000円以下が相場です。

 

購入した商品を受け取れる以上、法律的な問題もなく訪問販売ではないのでクーリングオフもききません

 

制度や利用者側の弱みを利用した詐欺業者もいるので、もし利用するなら運営実績が長い業者を見極めることが求められます

 

 

 

利用後に追加費用を請求される

通常はカード決済して現金を受け取れば、あとはカード会社に弁済する流れになって現金化業者との金銭のやり取りは発生しません

 

しかし、悪質業者は「カード会社から目をつけられた。このままだとお使いのカードが使えなくなってしまうので対処するためにお金が必要。」などと連絡してきます。

 

普段からショッピングで利用している実績を作ることを理由に価値に見合わないボッタクリ商品を売りつけられたり、規約違反でない旨を証明するには弁護士が必要などといってくる事例もあります。

 

サービスを利用した落ち目がある以上、あとから納得のいかない理由で費用請求されても、そのまま払ってしまうことがあります。

 

基本的には追加費用の請求はハッタリで無視していてもカード会社とのトラブルに発展しないことも多いです。

 

 

 

ほかの詐欺に発展する

利用者はお金に困っている人が多く、詐欺に騙されやすい共通点があるものです。

 

問い合わせをすると、想像以上に低い実質換金率を提示して、断ろうとするとほかに良い資金調達方法があると紹介してヤミ金やほかの詐欺サービスを紹介されることもあります。

 

ほかにもねずみ講のようなネットワークビジネスに勧誘されて、カード決済額を増やして入会金も工面すれば簡単に大儲けできると営業してくる事例もあります。

 

冷静に考えれば詐欺だと分かる初歩的な手法でも、お金に困って切羽詰まった状況だと甘い言葉に騙されてしまうものです。