現金化業者はショッピング枠を現金化できるノウハウ、ペナルティを回避するノウハウを持っています。

クレジットカード現金化業者

当サイトのHOMEで紹介しているように、クレジットカード現金化業者は販売した商品に対してキャッシュバックや買取で現金に変える盲点をついたサービスで資金調達をサポートします。
手数料は高めですが、消費者金融やカードローンの審査に通らない人から利用する需要があります。
この辺は闇金と共通点が多いですが、クレジットカードは債権者がカード会社になるため、取り立てや返済をめぐるトラブルになりにくいです。
クレジットカード現金化業者について詳しくまとめました。

 

 

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではない

 

クレジットカード現金化業者は直接お客に貸付をしているワケではなく、クレジットカードの加盟店として商品を販売しています。
貸金業の届出が不要で来店不要のネット集客が中心なので小規模業者が参入しやすい業界です。

 

良心的な運営を続けている老舗業者もある一方で詐欺まがいの行為や、粗悪なサービスを提供する新参業者も多いです。
悪徳業者は悪評が広まるとすぐに閉鎖をして名称や所在地、サイトを変えて新規オープンする行為を繰り返しています。
つまり、クレジットカード現金化をするときは業者選びが重要で運営実績が信頼性の指標になります。

 

 

 

ペナルティを回避するノウハウを持っている

 

クレジットカード現金化業者が人気を集めている理由は、本来はルール違反で盲点をついた資金調達をスピーディーかつ安全に提供しているからです。
カード決済した物を質屋やチケットショップで現金買取してもらう方法もありますが、自力での現金化はクレジットカード会社のペナルティを受けるリスクが高いです。
自力で現金化する場合は、商品券や貴金属など資産価値の高いものをカード決済する必要があります。
貴金属、ブランド品は安全性が高いですが、買値に対しての買取レートが低くなります。
商品券、ギフトカードなど現金に近い特性のものは換金率が高いですが、カード会社から目を付けられやすいです。

 

クレジットカード現金化業者の販売する商品は主にPCソフトの入ったCD-ROMです。
CD-ROMはまとめ買いで安く手に入り、PCソフトはコピーで対応できるので原価は非常に安く、数万円や数十万円で決済しても不自然ではありません。
実際に商品を販売して発送まで行った実績があるので、来店不要のスピード取引でも高い安全性を持っています。

 

さらに、万一カード会社から目を付けられた際も、自然な言い訳を行うノウハウを持っていて利用者をしっかり守ってくれます。
一般業者の場合は、カード規約違反を手助けしたり見過ごした実績があると、加盟店側もペナルティを受けるリスクがあります。
カード決済できなくなる状況を避けるために、カード会社から問い合わせがあった時は必要な情報を全て提供し、カード会社に協力します。

 

クレジットカード現金化業者は加盟店としてペナルティを受けること以上に、カード事故が発生して利用者によって悪評を広められることを嫌っています。
つまり、クレジットカード現金化業者は、自然にショッピング枠を現金化できるノウハウを持っていて、万一カード会社の調査が入っても徹底的に利用者を守ってくれます。
手数料は高めに感じるかもしれませんが、安心と安全確保、自分で現金化するための手間を削減するなど、様々な付加価値を提供しています。